他の輸送手段では実現できない

振動輸送のメリット

振動輸送の概要

処理物の輸送手段には、いろいろな方法があります。フォークリフトで容器を運ぶ方法、ベルトコンベヤで輸送する方法、機械的にスクレーパで移動させる方法、カップ式容器をチェーンで移動する方法、空気輸送をする方法etc..。

振動輸送という輸送方法は、樋(技術用語でトラフ)を斜め上下方向に振動させ、その振動で処理物を放り上げることによって輸送します。しかし振動自体は滑らかで、処理物を損傷させる可能性は、ほとんどありません。

輸送面には、摺動部や駆動機構が触れることは一切ありません。
トラフの材質や表面処理の選定、カバーの追加等、種々のオプションを適用する事により、清潔な閉空間を作ることが出来ます。
これによって、極力異物を混入させない輸送手段、処理物を外部に拡散させない輸送手段を実現することが出来ます。小型の振動輸送機であれば、トラフ自体を取り外して洗浄することも可能です。

振動輸送は、他の輸送手段と比較して最も衛生的で安全な輸送手段です。

トラフの材質

一般鋼材、ステンレススチール各種、チタン、樹脂等

トラフ内面の表面処理
一般鋼材
塗装、樹脂コーティング、ゴムライニング等
ステンレス
酸洗、バフ仕上げ、電解研摩、樹脂コーティング等