100%性能を維持するための

保守と点検

点検項目と点検周期

振動輸送機本体の点検項目と周期を、下表にまとめます。振動輸送機は、処理物の直接の通り道となる《トラフ》、トラフを振動させる《振動モータ》、設置場所に振動を伝えないための《防振ユニット》で成り立っています。それぞれのユニットは、右図に示す通り独立したシンプルな構成となっているため、点検項目もシンプルです。

下表の『○』は、工具や測定機器を必要としない五官による点検を示します。異音とは、ボルトの緩み等に起因する金属同士の叩き音や、軸受の損傷による大きな転がり音を示します。ボルト緩みに関する五官点検は、相マークの目視点検を示します。1年毎の『◎』で、トルクレンチを使用した増締め点検を行ってください。ライナー摩耗量の点検に際しては、板厚計等を使用し、定量的に記録を残すことをお勧めします。交換時期を予測することができます。

使用条件やオプションにより、点検項目や周期がかわることがあります。詳細は、機械に付属した取扱説明書を参照してください。また年次点検を、当社で承ることも可能です。当社営業まで、ご連絡ください。

対象 項目 点検周期
1週間 1ヶ月 1年
性能 振幅    
トラフ 異音    
ボルト緩み  
ライナー摩耗    
振動モータ 異音    
ボルト緩み  
配線損傷    
防振ユニット 吊り金具摩耗    
ラバー損傷    

振動モータの保守

中型、大型の振動モータは、負荷容量の大きいころ軸受を使用しています。従って定期的な給脂が、必要となります。給脂の推奨周期は、300時間です。振動モータの大きさにより1回の給脂量が異なりますので、詳細は、機械付属の振動モータの取扱説明書をご参照願います。

小型の振動モータは、玉軸受を使用しているため、給脂の必要はありません。ただし玉軸受、ころ軸受を問わず軸受には寿命時間があるため、定期的にオーバーホールをして頂く必要があります。オーバーホールに必要な軸受の型式は取扱説明書に記載されていますが、入手しにくい場合は、当社から購入していただくこともできます。またオーバーホールを、当社で承ることも可能です。当社営業まで、ご連絡ください。