100%能力を引き出すための

設備構成

ホッパの推奨形状

ホッパ出口形状は、輸送能力を左右する大きな要素です。

処理物の直圧を防ぎ、処理物をスムーズに流れにのせるための《背面ガイド板》、処理物の安息角θを利用して最適な位置で流れを止めるための《層厚規制板》、十分な輸送層厚を確保するための《サイドスカート》等を、最適な形状、最適な位置に設置すれば、振動輸送機の能力を100%引き出すことができます。

各部の寸法は、下表を参照してください。ただしホッパ出口での閉塞を防ぐために、A寸法は、処理物の対角寸法の5倍以上とする必要があります。また閉塞には、水分の含有量も影響します。不明な点は、当社技術部までお問合せください。

型式  寸法
A B C
FD-37x90 160 35 35
FD-45x90 230 35 35
FD-55x100 250 35 35
FD-65x110 300 40 40
FD-65x110H
FD-80x130 340 40 40
FD-80x130H
FD-95x150 430 50 50
FD-110x150 550 50 50
FD-130x160 590 50 50
FD-150x180 600 60 60
FD-180x190 700 60 60

吊り下げ方法

振動フィーダを吊り下げ方式で使用する場合、ロッドの固定は、上側をダブルナット、下側をフリーとして下さい。使用するロッドの太さは、吊り下げ金具と同等以上を基準としてください。

ロッド長さがロッド径の20倍を超える場合には、ワイヤの使用を推奨いたします。ワイヤは、6x12(JIS G3525)より素線の細いものを使用してください。

ワイヤ太さの選定基準は、以下の式を基準とし、1箇所当たり2個以上のワイヤクリップでとめてください。

ワイヤ破断強さ >(機体重量+負荷重量)÷ 4x10