TABLET INSPECTOR

錠剤目視検査機

錠剤目視検査機
用途
  • 検査

錠剤・カプセル等の表面を目視にて検査します。
錠剤は安定して見やすく、検査員の疲れを軽減する特殊設計です。

<GMP準拠・バリデーション対応>


特徴
  • 微振動で移動する錠剤は安定して見やすく目が疲れません。
  • 接品部部品はノーツールで分解し、洗浄可能です。
  • 品種替え時の部品交換は短時間で済ませることができます。
  • 運転音は65dB以下と静かです。
  • 錠剤の表裏反転は確実です。
  • カプセル/錠剤兼用機もあります。
  • ご要求に応じた設計・製作を致します。
外形図・仕様

振動移送式錠剤目視検査機として60年の実績があります。


  • 錠剤検査

  • カプセル検査

  • 10列外形図

  • 6列外形図
機械形式 TA-1006 TA-0607
検査溝数 10列溝 6列溝
対象品目 円形錠・楕円錠・異形錠・糖衣錠・ハードカプセル・ソフトカプセル等
能力 50,000~150,000錠/H 30,000~100,000錠/H
電源 100V/200V、50/60HZ
検査員数 2名または4名 2名
接品部材質
  • ・溝板部は全てタフラム®※処理部品
  • ・ホッパー部はステンレスバフ+電解研磨

※タフラム®はGeneral Magnaplateの登録商標です。日本国内ではアルバックテクノが唯一のライセンシーです。

動画

医薬品関連では、粉末均一供給フィーダ、粉末微量定量フィーダ、ガスケット類供給フィーダ、スパイラルフィーダなどを取り扱っております。

お見積りをご依頼される際は、下記の見積依頼書をご使用ください。
PDFファイルをプリントアウトして必要事項をご記入いただき、メールまたはFAXにてお送りください。

【E-mail】 【FAX】 03-5753-5030